Top > 出会い > 立ち飲みバーの良さと注意点

立ち飲みバーの良さと注意点

女性と出会える場として立ち飲みバーはいかがでしょうか?座り席があるラウンジなどと違って立ち飲みバーには、異性と出会いやすいという利点があるので、解説していきます。

立ち飲みバーの長所

気軽に動ける

立ち飲みバーへ行くと、座るところがないので、店内を気軽に往来することが出来るというメリットがあります。

そのため、話しかけたい女性がいれば、スーッと声を掛けることも可能です。

近くで出会える

座るタイプのお店の場合だと、テーブルが真ん中にあって、女性と向かい合うことが当たり前ですが、立ち飲みバーだと、相手のすぐ横に近付くことも可能となってきます。

そのような感覚が、彼女を見つけやすい一つのポイントにもなってきます。

費用対効果が良い

立ち飲みバーは、着席して、落ち着いていろいろなお酒を飲みながら、時間を過ごすというスタイルではありません。

そういった意味で、1~2杯だけ飲むという形でも全然大丈夫ですし、連れの友達がいなくても構いません。

また、席がない分、値段も控えめのところが多いので、立ち飲みバーでのコスパは非常に良いと断言できます。

立ち飲みバーにはデメリットも

しかし、その一方で、地元の立ち飲みバーを探して出会いを実現したい人は、次のような点に注意する必要があります。

結構、疲れる

立ち飲みバーは、当たり前ですが、座る場所がないので、体力が要ります。

しかも、人の出入りが激しいので、落ち着いてお酒を飲みたい人には向いていません。

落ち着いて話すのが難しい

地域の立ち飲みバーで人が集まりやすいお店だと結構、賑わっています。

賑やかであることは良いと思いますが、逆の意味ではうるさいですよね。

そのため一緒になった女性と小声で話すのが、難しく、声をしっかり出さないといけないこともあります。

社交性がないと厳しい!?

お酒の席だと、やはり社交性が重要となります。

人づきあいが苦手な人は立ち飲みバーのお店の中でも女性にアプローチしたり、親密な関係になったりすることは、それなりにハードルが高いです。

ですから、人付き合いが苦手な人は、立ち飲みバーへ行くより出会い系サイトを使った方が良いかもしれません。

出会いを八戸で探す

出会い

関連エントリー
立ち飲みバーの良さと注意点